ダイレクトワンの審査在籍確認の解説!増額、おまとめ・借り換えについて

ダイレクトワンとは?

ダイレクトワンはスルガ銀行グループが経営する中小消費者金融となります。

中小消費者金融ながら300万円までの借入が可能となっており、高額融資も臨めます。

ただ、中小消費者金融ということもあって金利は年4.9%〜20.0%と若干高くなっているのです。

ですが、店舗窓口で申し込みますとすぐにカードを発行でき、即日融資も可能なので、ダイレクトワンの利用もオススメといえるでしょう。

低金利で即日融資を使いたいということでしたら、新生銀行カードローン レイクの利用もオススメです。

新生銀行カードローン レイクはスマートフォンなどで申し込みますと即日融資が可能なので、お金を早く借りたい方にもオススメとなっております。

それだけでなく、金利も年4.5%〜18.0%となっており、ダイレクトワンより低金利で利用可能です。

そして、レイクにはダイレクトワンにもない無利息キャッシングサービスなどもあり、お得に利用できるでしょう。

pixta_8329984_XL

ダイレクトワンの審査・在籍確認

中小消費者金融というと審査が甘く見られがちな側面があり、ダイレクトワンの審査も甘いとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、実態としてはダイレクトワンの審査は結構厳しく、審査基準に達していないと審査に通過できないのです。

そのため、ダイレクトワンの審査に対して不安をお持ちの方が多くいらっしゃるかと思われます。

ですが、必要以上に心配をする必要はありません、ダイレクトワンの審査基準に達していれば審査通過は十分可能です。

ダイレクトワンの審査に通過するためには、ダイレクトワンの審査基準を理解しておく必要があります。

結論を述べますと、ダイレクトワンの審査では「安定した収入がある」という利用条件を満たせているかという点が審査結果を左右する基準となるのです。

中小・大手と規模に関係なく、消費者金融・銀行は返済を確実に受けられるように、利用者に対して収入の安定性を求めております。

収入が安定していれば返済能力があると認めてくれて、審査通過が可能となってくるのです。

なお、収入が安定していなければならないということですが、別に正社員である必要はありません(もちろん正社員であっても構わないのですが)。

ダイレクトワンはアルバイトやパート、派遣といった正社員以外の職業の方も収入に安定性があれば審査通過が可能となっております。

冒頭でも紹介したレイクですが、レイクも基本的にはダイレクトワンの審査と同じく収入の安定性が求められております。

収入が安定している方は審査通過でき、安定していないと審査には通過できないようになっているのです。

レイクの利用者の中にはアルバイトなどといった利用者の方も多いので、正社員以外の方も奮ってお申し込みください。

ダイレクトワンに申込むことを躊躇なさっている方の中には、審査における在籍確認を気にしているという方もいらっしゃるでしょう。

在籍確認というと、原則的には会社・職場への電話連絡にて行われるため、キャッシング利用を隠しておきたい方にとっては不安なものです。

消費者金融・銀行を利用したいけれど、在籍確認が気になってしまう…そんな悩みを持っている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、ご安心ください、ダイレクトワンは確かに電話連絡で審査在籍確認を行うものの、その審査在籍確認でダイレクトワンの利用がバレることはありません。

ダイレクトワンはわざわざ審査在籍確認であることを電話口では言いませんし、サービス名などもおおっぴらにはしないのです。

そのため、皆様がダイレクトワンを利用していることが職場の方々にバレることはないので、ご安心ください。

ただ、どうしても電話連絡に対する不安だけは消えないという方もいらっしゃるかと思われます。

そういった不安を感じている方には消費者金融モビットへの申込みもオススメです。

消費者金融モビットは電話連絡ではなく書類確認で在籍確認を行ってくれるため、審査在籍確認からキャッシング利用がバレることがなく、安心して利用できます。

pixta_8208921_XL

ダイレクトワンの増額

ダイレクトワンは冒頭でも説明しましたように、300万円までの借入が可能となっております。

そのため、高額融資を希望なさっている方にもオススメのカードローンといえるでしょう。

ダイレクトワンでキャッシング枠を増額するためには返済実績を良好な状態に保ち、増額審査に通過する準備をしておく必要があります。

ダイレクトワンの増額審査ではきちんと返済できているかという点が確かめられておりますので、返済はきちんと行っておきましょう。

ただ、返済実績はきちんと返済しているということも必要ですが、同時に蓄積があるのも条件となっております。

ダイレクトワンの場合、最低でも6ヶ月程度の返済実績が必要なため、今日中に増額して追加融資をしたいという希望はかないにくいといえるでしょう。

そのため、今日中に増額するという方法以外で追加融資をすることをお勧めします。

プロミスに新規申し込みをして、審査に通過できれば即日で追加融資を受けることが可能ですので、そういった方法もお試しください。

pixta_13003246_XL

ダイレクトワンのおまとめ・借り換え

ダイレクトワンは中小消費者金融ですが、借入限度額が低くないため、おまとめ・借り換えをすることもできます。

おまとめ・借り換えとは複数社から借入を行っている方が一社の銀行・消費者金融に借入をまとめてしまうことです。

ダイレクトワン一社にまとめてしまえば利息負担も減りますし、バラバラの返済日が1日まとまり、返済スケジュールを管理しやすくなります。

ただ、おまとめ・借り換えは一般的には金利が低く、限度額が高い三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のようなところで行うものです。

バンクイックと比較すると、ダイレクトワンは金利が高めなので、おまとめ・借り換えにかんしてはバンクイックの方が適任といえるかもしれません。

pixta_5743541_XL

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ