アロー審査在籍確認の徹底解説!おまとめ・借り換え、増額も

消費者金融アローとは

規模でいえば中小消費者金融なのがアローです。

アローは中小消費者金融の中では知名度が高く、キャッシング経験者の方でしたら名前を聞いたことがあるかもしれません。

アローは最短即日融資も見込めるので、お金にお困りの方に便利に利用していけるでしょう。

ただ、アローは中小消費者金融のため金利が若干高く、年15.00〜19.94%となっていますので、必要な時だけの利用をお勧めします。

緊急にお金が必要ということでしたら、即日融資が見込める中小消費者金融アローの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

即日融資をご希望ということでしたら、銀行カードローンである新生銀行カードローン レイクの利用もオススメです。

レイクはインターネット申込みをすることで即日融資が可能となっており、アローと同じようにお金が必要な時にすぐに借りられます。

また、レイクにはアローにもない無利息サービスもあり、金利面でお得に利用することも可能です。

アローよりもお得に利用できるという点で新生銀行カードローン レイクもオススメですので、ぜひご利用をご検討ください。

pixta_15781915_XL

アローの審査と在籍確認

中小消費者金融ということもあって、アローの審査は甘く見られがちな傾向にあります。

しかしながら、アローもお金を貸す以上、審査を厳しく行う必要がありますので、決して甘い審査ではありません。

そのため、アローの審査を受ける際にもきちんとした対策は必要です。

きちんと対策をしていて、審査に通過できれば即日融資も見込めるでしょう。

アロー審査ですが、審査基準となってくるのは「安定した収入が満たせているか」という点になります。

簡単な話、きちんと収入を安定して得ている人だったら返済してくれるだろうとアローは判断するのです。

そのため、アローの審査に通過するためには収入を安定させてお申し込みください。

アローの利用者にはアルバイト・パート・派遣社員など正社員以外の属性の方も多くいらっしゃいます。

つまり、正社員じゃなくても安定した収入を得ている方でしたら審査通過が見込めるのです。

収入の安定性を確保して、審査にスムーズに通過して、アローで即日融資を受けましょう。

なお、冒頭で紹介した新生銀行カードローン レイクも収入が安定していれば審査通過が見込めます。

アルバイト・パート・派遣など正社員以外の職業でも可能なので、ぜひレイクの利用もアローと合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

アローの審査で行われる在籍確認を心配なさっている方も多いかもしれません。

アローは皆様の職場に電話連絡をすることで、皆様が本当に職場に在籍しているかを確認しております。

その電話連絡によって自分たちのキャッシング利用がバレてしまうのではないかと不安に思う方が多いのでしょう。

確かに職場にアローから審査在籍確認の電話連絡がくるのは不安かもしれませんが、実はそれほど不安に思う必要はないのです。

アローは審査在籍確認の電話連絡をサービス名や社名を名乗らずに担当者の個人名のみで完了させてしまいます。

そのため、皆様がお勤めの職場の人々にアローの利用を気付かれることはないので、不安に思わないでください。

ただ、それでもやっぱり審査在籍確認の電話連絡が不安と思うのでしたら、WEB完結申込みがあるモビットの利用もオススメです。

モビットはWEB完結申込みですと、審査在籍確認を電話連絡ではなく、書類確認で行ってくれるため、誰にもバレることなくご利用いただけます。

pixta_5743541_XL

アローの増額

アローの最高限度額は200万円ですので、その金額まででしたらキャッシング枠を増額していくことが可能です。

増額していけばそれだけ金利も引き下がっていくので、お得に利用することができるようになるでしょう。

アローの増額審査ではそれまでの返済状況などが確認されますので、期日どおりの返済を心がけておかなければなりません。

しっかりとした返済をしていると、アローの増額審査にも通過できるようになるでしょう。

ただ、アローは中小消費者金融ですので金利が高めなので、あまり高額融資に向いていないという側面もあります。

高額融資をお望みでしたら、メガバンクのカードローンである三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の方が適しているといえるでしょう。

バンクイックは500万円までの融資を年4.6%〜14.6%という金利の低さでご利用いただけます。

アローよりも高額な限度額でありながら、金利も低いため、バンクイックの方が高額融資の申し込みさきとしてはオススメです。

バンクイックの増額審査も返済状況などが良好ですと通過が可能となりますので、きちんと返済して増額するようにしましょう。

pixta_16545022_XL

アローのおまとめ・借り換え

上記でも説明しましたが、アローは最高限度額が200万円ですので、他の消費者金融・銀行からおまとめ・借り換えをすることもできます。

アローよりも金利の高いローンサービスからの借り換えや、複数社の借入をおまとめすればローン返済の負担が減るでしょう。

ただ、アローの金利は低いとは言い難いので、おまとめ・借り換え先としてはあまり向いていないといえます。

アローはどちらかといえば必要なお金をすぐに借りれる少額キャッシングに適しているといえるでしょう。

おまとめ・借り換え先としては低金利で利用できるメガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』などが人気です。

実際におまとめ・借り換えをするという方もバンクイックを利用する傾向にあります。

消費者金融の借入をバンクイックでおまとめ・借り換えすることで返済が楽になるでしょう。

アローと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はサービス内容が大きく異なります。

お金を借りるときは各社の特徴を把握しておいて、ご自身に適したローンサービスを利用するようにしましょう。

おまとめ・借り換えを検討なさっているということでしたら、アローよりも三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の方が適任です。

pixta_12970805_XL

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ